鬱かなと思ったら症状をチェック|誰がいつ患ってもおかしくない病

先生

心が疲れていると思ったら

下を向く男性

診断シートを活用しよう

ストレスや更年期、ライフスタイルの変化など、実にさまざまな事柄が原因で鬱病を発症することがあります。たんなる一時的に憂鬱な気持ちに陥るだけなら日常生活にも支障が出ることはありません。しかし、そんな気持ちがずっと継続し、より絶望的になったりふさぎこむようになったなら、それは重症と言えます。そして最悪の場合は命にかかわることもあるため、初期の段階でそうならないためにも適切な治療や予防が大切です。そのために活用すると便利なのが鬱病のチェック診断で、さまざまな質問に対してイエスかノーかといったことを選ぶだけで、鬱病かどうかをチェックすることが可能です。とくに本人に自覚がない場合などは、こういったチェックシートを利用すると大変便利です。ちなみにこれらのチェックシートや診断シートは内容も決して難しいわけではなく、誰でも簡単に答えを選べます。これらはもちろん病院でも取り扱っているので診断してもらっても良いですし、もっと手軽な利用方法としては、インターネットのサイトなどでも気軽に無料で利用することが可能となっています。

あくまで参考に

病院だけでなくインターネットなどでも簡単に利用できる鬱病チェックは、自分自身はもちろん家族などが鬱かもしれないと悩んでいる場合でも使用できます。また、自覚がまったくないけれど、心配でもあるといった場合などでも、判断基準の材料にするには最適な方法です。もっともインターネットなどでは、そのサイトによって質問内容や結果についてもさまざまなケースがあるために注意が必要です。それゆえに一つのサイトのチェックシートでうつ病の可能性が高いという結果が出たとしても、それは参考程度に考えて、他のサイトのものも同様に試してみるなどしても良いでしょう。そしていくつか試してそれでも気になる結果ばかりだったとしたならば、早急に医療機関を受診しましょう。そこで医師に相談の上で適切な治療や処置を受けるようにしましょう。また同じチェックシートによる診断でも病院で実施するものの場合は、その結果によって医師がその場で直接指導してくれることもあります。それゆえに最初から症状が重いと感じている場合は、インターネットでのチェックをせずとも直接病院に出向き、医師の手に任せるといったことも良いでしょう。