鬱かなと思ったら症状をチェック|誰がいつ患ってもおかしくない病

先生

精神的な病気を治すには

カウンセリング

ストレス社会といわれている中で、さまざまな悩みを抱えているという人が少なくありません。この中で鬱のような症状が現れることがあり、最終的には病院を受診することが必要になりますがその前に自分で鬱ではないかというチェックをすることができる方法があります。鬱病という病気は感情や気分、意欲や思考という部分に障害が発生する精神症状が現れるようになっているものです。このほかには眠ることができなかったり、食欲が低下してしまうというようなさまざまな症状が体に現れるようになっています。意欲に対する障害が強く出てしまったり、感情や気分の障害が強いということもあるでしょう。症状には個人差があり、基本的に感情や気分の障害や意欲の障害が強く出る傾向があります。そのなかで現在の自分の状態をチェックすることができる項目があります。2週間から1ヶ月の間で、自分の状態に関して当てはまるものがあればチェックするというものです。具体的にはどのような項目があるのかというと、気持ちが落ち着かないということや体がだるくて疲れやすいというような項目があるので当てはまる項目にチェックを付けていきましょう。

心の病気に関しては、病院を受診する前に自分で確認をすることができるというのが大きな特徴となっています。そのなかでチェックシートというものがあります。セルフチェックは、鬱病などの障害の可能性を判断することができるという目的で作られたものです。したがってたくさんのところで利用されています。時間や場所を選ばず専門的な知識の必要もないので、誰でも気軽に実施することが可能です。しかし、ここでしっかりと把握しておかなければいけないことがあります。それは、直接医師と話をして行われるという診断とは異なることです。医師による診断を代用するというものではありません。ここで得られた結果に関しては目安として考えるようにしましょう。少しでも心の健康に不安があるという人は、専門医に相談すると良いです。2週間以上次のような症状が続くときには注意が必要となります。それは物事に興味がわかず楽しむことができなかったり、毎日のように食欲が低下したり体重の減少があるというようなことです。