鬱かなと思ったら症状をチェック|誰がいつ患ってもおかしくない病

先生

自分自身を理解するには

悩む女性

どんなことをすれば良いか

鬱とは、心を塞ぎこんでしまいなにもしたくない状態のことを言い、ベッドから出られなくなります。ご飯を食べるのも億劫になり、人にも会いたくないということもあるでしょう。そんな鬱病ですが、事前にチェックして自分自身が危ない状況なのかを理解する方法があります。鬱病になりやすいかチェックする方法は、アンケート形式で簡単にチェックすることが可能です。最近疲れやすいか、死にたいと思ったことはないか、友達や家族といてしんどいと思うことはないかなどです。これらの事を記載した上でアンケートすると、自分自身が鬱病一歩手前なのかをわかることができます。方法として、精神科の医者に行きアンケートに回答することやインターネットを使って結果を出す方法です。インターネットで結果を出す方法は気軽にできるため、適切な結果がでない場合もあるので注意しましょう。友達や家族に最近おかしいなと思う人がいれば、医者から教わったチェック式アンケートを出すことによって助け出すことができます。何事も早めのうちに対処すると良いです。

ネットを使えば

今の時代インターネットは便利で、わからないことを調べるとすぐに解決できます。無料で鬱病の事を知ったり、自分が鬱病に当てはまるか知ることができ、非常に便利です。精神科の医者に行って直々にチェックするよりも、手軽なインターネットで調べたほうが安心感もあり、すぐに悩みを解決できます。チェックの内容は食欲、性格、生活のことを主に問いただし、自分自身で身の回りの仕事を出来るのか聞かれます。きちんとできている人は鬱病の心配はほとんどありませんが、できていない人は要注意です。ですが、チェックに当てはまったからといって病気だから今すぐ入院しましょうということではないので、ケースバイケースということになります。チェックしてもわからない場合は、医者に行って先生に話を聞いてもらうだけで安心感を得られるでしょう。また、疑いがある場合は薬を処方してもらい毎日飲むことになります。家族や友達のサポートも必要で、決して一人で抱え込む病気ではありません。周りの人に頼ることで症状が緩和されるのです。